新着情報

TRESの項目

FC2カウンター

月別BAR TRES

最近のトラックバック

バー トレスTwitter

    follow me on Twitter

    プロフィール

    BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。

    Author:BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。
    熊本市下通1-7-4嶋田ビル3F
    TEL 096-356-8737
    長崎県諫早市長田中学校出身です。1978年生まれ。

    皆様からのお言葉

    リンク

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    真サバのマリネ2

    ちなみにスペイン料理サバのマリネなどもちろん聞いたことはございません。
    しかし、スペインやイタリアなどでは『カタクチイワシ』は生のままマリネしたり、塩漬け熟成してアンチョビを作ったりしますので、そのアレンジと思っていただけるとありがたいです。
    青魚を〆ると美味しいのでご理解を・・・・・・
    応援ありがとうございますm(_ _)mクリックお願いします→にほんブログ村 酒ブログへ ちなみにアンチョビも現在塩漬け熟成中なので出来たらUPする予定です。
    さて
    DSCF0655.jpg


    材料
    真さば ハーブ(今回はローズマリーとローリエ) 唐辛子 ニンニク
    黒胡椒ホール レモンスライス 天然岩塩 白ワインビネガー75cc
    水150cc

    まず、サバを3枚におろし、皮を剥ぎます。 中骨も抜いてください。

    バットにのせ、タップリ岩塩をふりかけ、1時間前後(大きさによる)置きます。
    DSCF0665.jpg



    その間に上記材料をレモンと白ワインビネガーは入れずに火にかけます。(塩けはサバにあるので、この鍋には入れなくてもいいですが、好みで一つまみ)
    DSCF0663.jpg

    写真のように沸騰したら、白ワインビネガー・レモンスライスをいれ、
    すぐに火を止めます。

    すぐに別の容器に移し水をはったボールなどに入れマリネ液を冷まします。
    (※レモンを最後に入れるのは風味を生かす為、ビネガ-を最後に入れすぐに冷ますのは酸味を飛ばさない為。
    自分はツンとくるぐらいの酸味が好きなのですが、そうでない方は
    ビネガーを入れ、ひと煮たちしてからレモンを入れ、冷ましてください 砂糖大さじ1加えても可)

    1時間たったら塩を洗い流し、水気をペーパーでキレイに取ります。

    マリネ液に漬け込み30分~1時間たったら完成

    ペーパーでマリネ液の水分を取りオリーブオイルを全体にいきわたらせ冷蔵庫保存で2・3日はOK(本当はオイルは漬かる位ですが、家庭でそれはもったいない。)

    オイルに漬けずにそのまま切って食べたら、香りは洋でも雰囲気は和です。

    3日過ぎたらフライパンで焼きましょう。火が
    入るので酸がまろやかになり、美味しいです。

    なお、この通り作ってもいきなり美味しく出来るかはわかりません。

    サバの大きさで塩漬け時間 マリネ液の漬け時間が変わります。
    2回目以降に、好みの塩加減、酸味の入り方を見つけるようにしましょう。

    おまけ 

    一般的に魚屋に出るサバには

    『真サバ』 と 『ゴマサバ』があります。
    DSCF0657.jpg

    これは真サバでお腹の銀色の部分がきれいですが、
    ここにポツポツとゴマを振ったような点々があるのがゴマサバ



    ゴマサバは、焼き物や煮付け、生食するなら真サバを選びましょう。
    目がすんでいて、お腹に弾力があれば新しい証拠

    しかし、居酒屋で『ゴマサバ』を頼むと
    『真サバの刺身の胡麻醤油和え』が出てくるのでお間違えなく。
    スポンサーサイト

    タグ : 熊本 サバ スペイン料理 ショットバー ワイン カクテル ウイスキー

    << チーズでワインを楽しむ会 開催 | ホーム | 真サバのマリネ(〆サバ) >>


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

     BLOG TOP 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。