新着情報

TRESの項目

FC2カウンター

月別BAR TRES

最近のトラックバック

バー トレスTwitter

    follow me on Twitter

    プロフィール

    BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。

    Author:BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。
    熊本市下通1-7-4嶋田ビル3F
    TEL 096-356-8737
    長崎県諫早市長田中学校出身です。1978年生まれ。

    皆様からのお言葉

    リンク

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    美味しいビール

    それでは、前回問いがありました美味しいビールについて、勝手な視点で語らせていただこうと思います。
    チョットちょっとチョット押してみてm(_ _)m→にほんブログ村 酒ブログへ まず、始めに今回書くことは全て経験に基づくものですが、絶対ではございません。
    又、国内含み世界中に優れたビールとメーカーが存在し、必ずしも当てはまらない場合もあるかと思います。
    そして、そうしたメーカーの努力により好みの違いこそあれ、ほとんどが消費者に美味しいビールを提供するべく開発されているビールの数々について、どのメーカーのビールが優れていて、どこが劣ると言う事を論ずるつもりは無いことをご了承下さい。

    始めに
    もともとは、バーマンとしてお客様に美味しいビールを提供する為基本知識と、
    個人的な実験を踏まえた注ぎ方を行なっておりました。(瓶ビールもドラフトサーバーも)
    それが飛躍的に、技術・理論が進んだのが、
    約5年前に自分が責任者を勤めていたBARにサーバーを置いた時からでした。
    その時自分の後輩が理系の人間だったので、あらゆる部分に疑問を持ち尋ねてきて、
    自分もやや理系なので、
    それから毎日1日平均7・8杯ずつ毎日作り比べる日々が始まりました。
    (さすがに飲み疲れます)(>_<)
    ほぼ毎日(休日を除く)が1年以上、その後も週2・3日は最低行っていたので、
    ビールを注ぐ全ての動作と手順に明確な理由ずけ、理論を持つことが出来ました。
    と、いう訳で始めに自分に教えて頂いた方、後輩とその当時いたスタッフなど、皆の努力があり
    自分だけでは出来なかった美味しいビールが提供出来ることを知っていて頂きたいと思います。

    美味しいビールの条件

    ①商品管理
     賞味期限・温度 この2つは家庭で出来る必要最低事項です。
     又、高温にならなくても、直射日光にさらされるような場所の保管は避けてください。

    ②グラス
     理想はグラスに油や汚れがあると、炭酸がそうした異物に触発されるので早く炭酸が抜ける原因となります。
    なので、グラスは食器などとは分けて洗い、スポンジも油物を洗わない専用を使い自然乾燥(布きんで拭くと、絶対繊維が付きます)
    グラスの温度はビールと同じぐらいにしてください。(凍ったグラスは上記の理由で、温度的には一見美味しく感じられますが、グラスの霜のせいで炭酸が早くダメになります。)
    (炭酸が抜けたほうが飲みやすくて好きと言う方もいるかと思いますが、それはあくまで好みで、基本は製品の本来あるべき状態をいかに忠実に提供するかが重要であることをご理解下さい)

    ③注ぐ時の注意点
     炭酸を抜けないよう・キメの細かな泡を作る。
     これが重要です。
     炭酸が抜けるのは本来の味を損なうことです。
     泡は、口に含んだ際の口当たり・喉越しを生み、飲まない時に風味や炭酸を損なわない為の大事なフタの役目をします。
     単純に考えると、炭酸を残すのに泡は作れと、相反することが必要となるので、美味しいビールを注ぐのは難しい事になるのです。

    ④注ぎ方(グラスのサイズ・形状で変わるので、平均した共通点のみ記載)
     缶は注ぎ口から一定に液体を出すことが困難なので、基本瓶ビールと思ってください。
     
     まずグラスを傾け高さや、極端な角度がつかないよう静かに注ぎ始めます。
     (この際、上や横から見て明らかな泡の渦や対流があったら注ぎ方が粗いということ)
     ゆるやかにグラスを起こし、落ちるビールの筋をなるべく細く注ぐ、(衝撃を最小限にする)
     グラスの5分目まできたら、注ぐビールの筋をさらに細くする。
     ビールを落とす位置はやや高くしてなるべく液面だけに衝撃を与えきめ細かな泡を作りだす。
    仕上がりは 泡3/7ビール ぐらいの泡の量が理想。

    ⑤飲み方
     飲むときは泡でヒゲが出来るように。
     泡だけでもダメ。液体だけでもダメ。両方が口の中に含まれるような飲み方をして下さい。

    以上が上手に出来たら、飲んだあとにきれいな泡のリングが出来る美味しいビールになっていると思います。
    スポンサーサイト

    テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

    タグ : ビール ショットバー 熊本 カクテル スペイン料理 ワイン ウイスキー

    << 赤ワインMIDI SYRAR 2005 | ホーム | 2007年 >>


    コメント

    なるほど

    あけましておめでとうございます(^-^)
    書き込んでいただいて嬉しいです(^-^)
    わからない所もありましたが、まず出来る事をやってみます。
    考えると喉が渇きます(^O^)

    普段、飲む時

    家でビールhttp://blog80.fc2.com/image/icon/e/65.gif" alt="" width="14" height="15">を飲む時は、缶ビールが多いですが、ほとんどが缶のまま直接飲んでいますが、今度からはグラスにそそいで飲んでみたいと思います。
    うまく行くかわかりませが…。

    ビア王さんへ

    いいえこちらこそ?

    どうぞその渇きはビールでしっかり潤してくださいね^▽^

    シュガーさんへ

    こんな風に書き込みましたが、
    例外なく自分も缶のまんまです(しかも第3の・・・)^^
    しかし、気分を変えてグラスで飲むのも良いと思います。

    夏場、よく居酒屋やビアガーデンなどで
    キンキンに凍ったジョッキで出てきますよね~
    見た目うまそ~~ってなります!
    最近では ちゃんとしたビールを飲む機会がなくなり
    ビールモドキ な日々ですwしかも口がそれになれてしまい たまにビールを飲むと 苦い!!と思うようになっちゃった・・あはは・・そんな私の一番好きなのは
    黒いビールですw

    hiyoko妻さんへ

    キンキンに凍ったジョッキで出てきますよね

    出てきますね^^
    理屈上は無しな文面を書いてはいますが、理屈なので、そうした雰囲気が加味された場合の美味しさは別扱い。

    夏の醍醐味ですね。

    黒が好きなんですね。
    今年の春にかけて、第三のビールまで含んだ各ジャンルで複数の黒が各メーカーから登場しますよ。
    今から楽しみ^0^

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

     BLOG TOP 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。