新着情報

TRESの項目

FC2カウンター

月別BAR TRES

最近のトラックバック

バー トレスTwitter

    follow me on Twitter

    プロフィール

    BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。

    Author:BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。
    熊本市下通1-7-4嶋田ビル3F
    TEL 096-356-8737
    長崎県諫早市長田中学校出身です。1978年生まれ。

    皆様からのお言葉

    リンク

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    第19回 イタリアの品種飲み比べ

    BAR TRES ワイン会2009 ブドウ品種ごとの飲み比べ

    5月4日に ●第19回 イタリアの品種飲み比べを開催しました

    ワインヴェルメンティーノ
    ①白:ピエロ・マンチーニ ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ 2006
    イタリア・サルディーニャ州 D.O.C.G.ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ>
     
                                           (ヴェルメンティーノ100%)
    ガヴィ
    ②白:ミケーレ・キャルロ ガヴィ ラ・ヴェスパ 2007
    イタリア・ピエモンテ州 D.O.C.ガヴィ>
    (コルテーゼ100%)

    ドゥカ・ディ・サラパルータ
    ③赤:ドゥカ・ディ・サラパルータ パッソ・デッレ・ムーレ 2006
                   <イタリア・シチリア州 I.G.T.>
    (ネロ・ダーヴォラ 100%)

    キャンティ
    ④赤:クエルチャベラ キャンティ・クラシコ 2005
                      <イタリア・トスカーナ州 D.O.C.G.キャンティ・クラシコ>
    (サンジョヴェーゼ95% カベルネ・ソーヴィニヨン5%)                                                                                                                       
    バローロ
    ⑤赤:テッレ・デル・バローロ バローロ・リゼルヴァ 2000
                           <イタリア・ピエモンテ州 D.O.C.G.バローロ
    (ネッビオーロ100%)



    本日の料理
    アンティパストアンティパストパーネそらまめ
    長崎産タコと自家製ドライトマトのマリネ サルディーニャ風 
    熊本無菌豚ロースの自家製生ハム
    ペコリーノロマーノと生そら豆 
    天草産イワシのマリネ
    カポナータ シチリア風 
    ビネガーエッグ(バルサミコ漬け)
    自家製パーネカラサウ(サルディーニャ薄焼きパン)

    プリモピアットボッタルガカネロ二
    自家製ボッタルガのスパゲッティー
    アスパラ・菜の花とツナの手打ちカネロ二 ゴルゴンゾーラ風味

    セコンドピアットタリアータ

    阿蘇牛モモ肉のタリアータ ネッビオーロとキノコのソース サラダ添え

    次回のイベント

    第20回「シュナン・ブラン ソーヴィニヨン・ブラン カベルネ・フラン飲み比べ」
    開催日    6月7日 日曜日
    開始時間  19時(1時間半程の予定)
            ワイン5種程・料理4種程
    会費     6000円を予定
            会費は変更になる場合がございます

    予約受付中予約定員制です。
    (定員により受付終了時はご了承下さい)

    〒860-0807  
    熊本市下通1丁目7-4(酒場通り)嶋田ビル3F
    BAR TRES(バートレス)
    TEL 096-356-8737

    スポンサーサイト

    タグ : ワイン会 熊本市 BAR イタリア 天草 バローロ キャンティ イベント

    << 和酒会 | ホーム | 花が! >>


    コメント

    いいワイン会ですね。

    マスターのお料理が美味しそうです。
    特に、自家製ボッタルガと、お肉のネッビオーロときのこのソースが気になります。

    noriさんへ

    ありがとうございます。

    ボッタルガは鯛の魚卵で作りました。

    お肉はさすがに高額のバローロは料理に厳しかったので、
    ブドウ品種だけでもとそろえて見ました(それでも料理にはいい値段が・・・・・)

    さすがにワインとの相性は良くなりました^^

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

     BLOG TOP 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。