新着情報

TRESの項目

FC2カウンター

月別BAR TRES

最近のトラックバック

バー トレスTwitter

    follow me on Twitter

    プロフィール

    BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。

    Author:BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。
    熊本市下通1-7-4嶋田ビル3F
    TEL 096-356-8737
    長崎県諫早市長田中学校出身です。1978年生まれ。

    皆様からのお言葉

    リンク

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    5月のワイン会は!

    5月のテーマは
    第19回 イタリアの品種飲み比べです。

    開催日  5月4日 月曜日祝日   開始時間  19時(1時間半程の予定)
    会費   6000円         白ワイン2種 赤ワイン3種・料理4種程
         
    予約受付中予約定員制です。
    (定員により受付終了時はご了承下さい)

    イタリアはなんと国内20の全州でワインが作られ、生産品種も100種以上に及ぶ!!!
    国土は日本と同じく縦長なので、日本に見立てると北海道から沖縄までの
    気温差がある全ての県でワインを作ってることになるので、そのスゴさがわかります。

    ゆえに州ごとの(気候や風土・土壌)ブドウの個性が豊かになり、
    それこそがイタリアワインの魅力の一つとも言えるでしょう。

    そしてイタリア(伊)は、毎年フランス(仏)と生産量の1位2位を競うワイン大国です。
    仏よりも狭い国土を考えると面積当りの生産量の凄さが伺えます。

    又、輸出量に関しても1位を競っていますが、そうした中で仏と異なる点は、
    仏は伊からかなりの量ワインを輸入するのに対し、
    伊は仏から少量のワインしか輸入していない事をみると、

    それだけ伊のワインは高級な物から安価な物までが、
    国内で愛され、生産・消費している事が伊ワインの品質の高さを物語っています。

    こうした事柄を踏まえてイタリアワインを味わうと
    今までと違ったイタリアワインの奥深さに気づけるかも知れません。

    前期スケジュール
    第20回 6月7日 日曜日「シュナン・ブラン ソーヴィニヨン・ブラン カベルネ・フラン飲み比べ」
    前期分は予約受付中です。

    後期のスケジュール予定
     8月「リースリング」
     9月「グルナッシュとシラー」  
    10月「シャルドネ」 
    11月「カベルネ・ソーヴィニヨンとメルロー」

    皆様からのご連絡お待ちしております。

    〒860-0807  
    熊本市下通1丁目7-4(酒場通り)嶋田ビル3F
    BAR TRES(バートレス)
    TEL 096-356-8737

    スポンサーサイト

    タグ : イタリア ワイン会 熊本 BAR バー

    << 花が! | ホーム | アンへリータ バルガス >>


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

     BLOG TOP 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。