新着情報

TRESの項目

FC2カウンター

月別BAR TRES

最近のトラックバック

バー トレスTwitter

    follow me on Twitter

    プロフィール

    BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。

    Author:BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。
    熊本市下通1-7-4嶋田ビル3F
    TEL 096-356-8737
    長崎県諫早市長田中学校出身です。1978年生まれ。

    皆様からのお言葉

    リンク

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ガメイとピノノワール

    BAR TRES ワイン会2009 ブドウ品種ごとの飲み比べ
    3月テーマ ●ガメイとピノノワールを3月15日 日曜日に開催しました
    トゥーレーヌガメイ
    ①ガメイ:ドメーヌ・クロ・ロッシュ・ブランシュ トゥーレーヌ・ガメイ サン・スフル 2006フランス・ロワール地方
    100%ビオディナミ農法を実践している造り手
    ワイン作り30年の経験に客観的な化学の考察を取り入れた彼独自の理論は、ティエリー・ピュズラ、ミッシェル・オジェをはじめ、多くのビオワイン生産者に影響を与えている。(ガメイ100%)

    Kヴィオニエボジョレ

    ②ガメイ:ドメーヌ・カリーム・ヴィオネボージョレ・ヴィラージュ キュヴェ・ヴァレリー 2007フランス・ブルゴーニュ地方
    オーナー カリーム・ヴィオネ、彼がワインのギイ・ブルトンのドメーヌの畑から醸造まで全て任され、と同時に自らのドメーヌでのワイン造りも行う。
    畑は 100%ビオロジックで、散布剤は硫黄とボルドー液散布のみの使用。(ガメイ100%)

    ドトールフォアピノ

    ③ピノ・ノワール:ドトールフォア ピノ・ノワール 2006フランス・ラングドック地方
    ドトールフォワは、毎年ブルゴーニュの聖地クロ・ド・ヴージョで開催されるタストヴィナージュには毎年のように選出(タストヴィナージュとは「ブルゴーニュ騎士団推薦」という意味で、年2回200名の審査員により、すべてブラインド・テイスティングによって選ばれる名誉ある称号である)(ピノ・ノワール100%)

    マルクテンペピノ

    ④ピノ・ノワール:ドメーヌ・マルク・テンペ アルザス ピノ・ノワール アルテンブルグ 2004フランス・アルザス地方 
    マルク・テンペは醸造専門学校を卒業後、大手ネゴシアンで醸造に携わり、その後11年間INAO(原産地呼称国立研究所)で、生産者の醸造コンサルタントを務める。1996年からビオディナミ農法で栽培。現在では、フランスワイン専門誌「ゴー・ミヨー」にて4つ星掲載されるなど、フランス国内外で高い評価を獲得している。(ピノ・ノワール100%)                                                                                            Pミオレーヌブルゴーニュ
                               
    ⑤ピノ・ノワール:ドメーヌ・パトリック・ミオレーヌ ブルゴーニュ・ルージュ キュヴェ・バーバラ 2005フランス・ブルゴーニュ地方
    パトリック・ミオレーヌは、「ドメーヌの精神を伝えていくためには、なんでも自分の手でやる」を信条とし、摘み取り作業はもちろんのこと、害虫対策の接木まで自分の手で行う。また、もうひとつの信条は「すぐに飲めるワインは造らない、赤は特にそう」であるとのこと。フランスのワインガイド『ギド・アシェット』で「ほかの1級クラスのワインは、1級畑でないこの畑から生まれるこのワインの 足元にも及ばない」と大絶賛された造り手である(ピノ・ノワール100%)


    料理
    姫人参ブリパテチョリソ
    前菜盛り合わせ
    (オリーブの香草マリネ・阿蘇自然鶏レバーのパテ・スペインイベリコ豚のチョリソ
    ピクルス2種(熊本産姫人参・セロリ)・ブリドモー)

    魚介ヴィネグレ
    魚介のビネグレットスペイン魚介のタパの定番)

    ピスト
    県産野菜のピストマンチェゴ(ラマンチャ地方の野菜煮込み)

    イカトグリーンピース
    天草産剣先イカとグリーンピースの煮込み(カタルーニャ地方やその他イカやタコの取れる地区の郷土料理)

    牛ホホピノ煮
    豪産牛ホホ肉のピノ・ノワール煮込み 県産新じゃがのマッシュポテト

    次回イベント、4月のテーマは
    『第18回 桜の季節にロゼ飲み比べ』です。

    一般的印象では『ロゼ=甘い』と思われる場合が少なくないですが、
    実際は辛口が多く、その中で
    ロゼスパークリングや白ワインに近いすっきりしたものや、
    色合いからは予測出来ないしっかりとタンニンを持った赤ワインよりのものまで
    色んなタイプがあり、まさに『白ワインと赤ワインのいいとこ取り』とも言えるでしょう


    これがきっかけでロゼワインに目覚めるかも!!!

    開催日    4月12日 日曜日
    開始時間  19時(1時間半程の予定)
            ワイン5種程・料理4種程
    会費     6000円を予定
            会費は変更になる場合がございます


    予約受付中予約定員制です。
    (すでに予約が入り始めておりますので、受付終了時はご了承下さい)


    以降の前期スケジュール
    第19回 5月4日  月曜日 祝日  「イタリアの品種」
    第20回 6月7日  日曜日      「シュナン・ブラン ソーヴィニヨン・ブラン カベルネ・フラン」
    前期分は予約受付中です。

    後期のスケジュール予定
     8月「リースリング」
     9月「グルナッシュとシラー」  
    10月「シャルドネ」 
    11月「カベルネ・ソーヴィニヨンとメルロー」

    〒860-0807  
    熊本市下通1丁目7-4(酒場通り)嶋田ビル3F
    TEL 096-356-8737

    スポンサーサイト

    タグ : ワイン 熊本 スペイン フランス イベリコ BAR イベント

    << 昨日は花見で | ホーム | 阿蘇とまとろ~る >>


    コメント

    昨夜夫婦で伺った者です。
    素晴らしい餞別をありがとうございました!
    引っ越し後、真っ先に二人でいただきます。
    時々熊本に帰ってきますので、その際には必ず立ち寄らせていただきますね。
    取り急ぎ御礼まで。

    スギムラさんへ

    こちらこそありがとうございました(^ー^)

    引越し準備など、何かと大変でしょうが頑張ってください。

    機会がございましたら是非お待ちしております!!!

    スギムラ妻です。
    昨日はありがとうございました!
    またブルガリのグラスで泡を頂きに伺いますね。
    あ!大好きなモルトも。
    いつかぜひセビジャーナス踊りましょうね♪♪♪

    しらゆきひめさまへ

    ありがとうございました!!!

    酔っ払ってブルガリグラス割らないように頑張ります。

    セビジャーナスは何年もチャンとしてないので・・・・・

    タブラオにいるおっさんが、チャンと習ってないけど

    ダラッと合わせて踊るぐらいはできるぜ・・・・

    の感じで合せるだけで踊るのでよろしければ

    シェリー片手に回ります^^

    ピノノワール大好きです!口に含んでから後々までそのフルーティな味わいが広がりますよね!

    ピストは私もよく作りますよ!ここではサンファエナ(聖なる仕事!)という名前ですがこってりしておいしい!バカラオなどの付け合せとして食べます。

    ほほ肉の煮込みの教訓!安ワインじゃやっぱりそれなりだったので、こんどはケチらないでもう少しいいワインで煮込んでみます!




    Miwakitz さんへ

    ピノは洗練されたぶどうって感じでおいしいですよね~~~

    (聖なる仕事!)っていうんですね。始めて聞きました! 勉強になります^0^

    次回もホホ肉頑張ってください!!!


    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

     BLOG TOP 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。