新着情報

TRESの項目

FC2カウンター

月別BAR TRES

最近のトラックバック

バー トレスTwitter

    follow me on Twitter

    プロフィール

    BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。

    Author:BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。
    熊本市下通1-7-4嶋田ビル3F
    TEL 096-356-8737
    長崎県諫早市長田中学校出身です。1978年生まれ。

    皆様からのお言葉

    リンク

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    11月ワイン会報告・つまみ編

    11月2日にBar Tresワイン2008『ワインでめぐる国~フランス編~』
    第16回「フランスの新しい動き~ヴァン・ナチュール(自然ハワイン)とは?」を開催いたしました。

    16かいちーず
    ①ハードチーズ:ボーフォール・ダルパージュA.O.C. フランス・サヴォア地方 牛乳製
    19世紀の美食家ブリヤ=サヴァランが「プリンス」と絶賛した、フランスが誇る山のチーズのひとつ。
    本日は特に、ダルパージュ(d’Alpage)と呼ばれる、夏季放牧中に冷涼な気候のストレスのない環境で、
    ハーブ混じりの良質の牧草をたくさん食べた牛の最良のミルクから作られたもので、絶品といわれる。

    ②ウオッシュチーズ:ルブロションA.O.C. フランス・サヴォア地方 牛乳製
     アルプスを代表するチーズのひとつである。
    表面を洗っているのでウオッシュチーズに分類されるが、場合によってセミハードチーズと分類されていることもある。
    本日は伝統的な製法で造られた、農家製(フェルミエ製)をご用意。


    おまけの料理

    ぎょそーせーじ
    海の幸のソーセージ風Saucisse de Fruits de Mer
    ロワールの東にあるフィレンツェで作られる魚のムースをソーセージ風にアレンジ。
    ソース・エグルレットを添えて。

    りえっと
    トゥールのリエットRillettes de Tours
    ロワールの上流に位置するトゥールの料理。リエットは、豚や鶏などを煮てほぐし、脂肪とともに固めたペーストで15世紀以前に生まれた古い伝統的な保存食料理。

    たるとふらんべ
    タルト・フランベ Tarte Flambee(アルザスのピザ)
    イタリアのピザとルーツは同じで、玉ねぎとベーコンのシンプルな材料が庶民の味です。
    (お店で売っている物はチーズやマッシュルーム、ホワイトソースを使った物などが主流です)

    ぽて
    ロレーヌ風ポテPotée Lorraine
    ドイツ国境でアルザスの北に位置するロレーヌ地区。ポテとは、塩漬けの豚肉とキャベツを主体に他の色々な野菜を加え、ポ Potと呼ばれる深鍋でごった煮したスープの一種で、ポ・ト・フーの豚肉版ともいえる一般的な農民料理です。

    今後のスケジュール
    ワイン番外編・11月19日水曜日深夜0時ボジョレー解禁!!!


    〒860-0807  
    熊本市下通1丁目7-4(酒場通り)嶋田ビル3F   

    BAR TRES(バートレス)
    TEL 096-356-8737
    スポンサーサイト

    タグ : 熊本 ワイン ボジョレー フランス バー BAR チーズ

    << 今年予定のボジョレー | ホーム | 11月ワイン会報告 >>


    コメント

    とうとう昨日ほほ肉の赤ワイン煮込み作りました。
    味の方は・・・まぁ、第1回目なので・・・(笑)

    それよりブロ友が先日リエットを作ったところで私も作ろうかななんて思っていたところ。ほほ肉でもできそうですね。

    Miwakitzさんへ

    赤ワインに煮込み!!!作られたんですね^^

    これからドンドン寒くなるから煮込み料理が
    美味しくなりますね。

    リエットは、そうですね。

    地区が違えば、鹿や鴨やいろんな郷土のお肉で(複数混ぜることもよくあるみたいです)
    ひたすら煮込んで作るみたいなのでホホ肉も美味しいと思います。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

     BLOG TOP 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。