新着情報

TRESの項目

FC2カウンター

月別BAR TRES

最近のトラックバック

バー トレスTwitter

    follow me on Twitter

    プロフィール

    BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。

    Author:BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。
    熊本市下通1-7-4嶋田ビル3F
    TEL 096-356-8737
    長崎県諫早市長田中学校出身です。1978年生まれ。

    皆様からのお言葉

    リンク

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    10月ワイン会報告・つまみ編

    10月12日にBar Tresワイン会2008『ワインでめぐる国~フランス編~』

    第15回「ブルゴーニュ地方・ボージョレ地方を楽しむ」を開催いたしました。

    ブルゴーニュチーズ
    ①ウオッシュチーズ:ラングルA.O.C.  フランス・シャンパーニュ地方 牛乳製
    シャンパーニュ地方のラングル高原で、修道院から農家に広がっていったチーズ

    ②ウオッシュチーズ:エポワスA.O.C. フランス・ブルゴーニュ地方 牛乳製
    16世紀初頭にシトー派の修道士によって作り出されたと言われ、
    19世紀の食通ブリヤ=サヴァランが「チーズの王」と讃えた、
    ウオッシュチーズの中でも個性の強さでは最上級のチーズ

    おまけのブルゴーニュ地方の郷土料理

    グージェール
    <グージェールGougères>
    チーズ入りシュー。シュークリームのシューと同じ生地に、チーズを混ぜ込んで小さく焼き上げたもの。

    ジャンボンペルシェ
    <ハムとパセリのゼリー寄せJambon Persillé>
    ブルゴーニュのオードヴルの定番。
    煮込んだ動物性のゼラチン質で固めた(にこごり)テリーヌの一種。
    菊池りんどうポークモモ肉の自家製ハムと国産牛のアキレスで作りました。

    ブッフブルギニョン
    <牛肉の赤ワイン煮(ブフ・フルギニョン) Boeuf Bourguignon>
    ワインの本場ブルゴーニュを代表する料理。本日は豪産ホホ肉を使用。
    手打ちヌイユ(平麺パスタ)を添えて。

    今後のスケジュール
    ●11月 2日(日) フランスワインの新しい動き・・

    ワイン会番外編・11月19日水曜日深夜0時ボジョレー解禁!!!


    〒860-0807  
    熊本市下通1丁目7-4(酒場通り)嶋田ビル3F   
    BAR TRES(バー トレス)
    TEL 096-356-8737



    スポンサーサイト

    タグ : 熊本 ワイン バー トレス ボジョレー チーズ りんどうポーク

    << 今年最後のワイン会 | ホーム | いただきましたの続き >>


    コメント

    毎回肉屋でホホ肉買ってみようかどうか迷うんですが・・・一度煮込みもいいですよね。

    Miwakitz さんへ

    結構ゼラチン質を含んでいますし、

    周りの筋や脂肪のような部分も煮融けるので、

    掃除して捨てるところもほとんど無く使いやすいですよ。

    一日ワインに漬け込んで

    3時間も煮たらお箸で食べれるぐらい柔らかくなります。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

     BLOG TOP 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。