新着情報

TRESの項目

FC2カウンター

月別BAR TRES

最近のトラックバック

バー トレスTwitter

    follow me on Twitter

    プロフィール

    BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。

    Author:BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。
    熊本市下通1-7-4嶋田ビル3F
    TEL 096-356-8737
    長崎県諫早市長田中学校出身です。1978年生まれ。

    皆様からのお言葉

    リンク

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    9月ワイン会報告チーズと料理

    9月7日にBar Tresワイン会2008『ワインでめぐる国~フランス編~』

    第14回「ローヌ地方を楽しむ」を開催いたしました。

    ローヌチーズ
    ①セミハード:サレール A.O.C.  フランス・オーヴェルニュ地方
     ロックフォールと並び、フランス最古のチーズといわれるカンタルの兄弟といわれるチーズ。
    質は良いが、乳量が多くないため、農家で1日1個つくるのがやっとの希少なチーズである。

    ②青カビチーズ:ブルー・デュ・ヴェルコール・サスナージュ A.O.C. フランス ローヌ・アルプ地方 
     生産量は少なく、その90%が地元で消費されるという貴重なチーズである。殺菌乳と生乳を混ぜて造る伝統的で独特な製法により、むっちりとした弾力性ある生地となる。長期熟成ではない青かびは非常にまろやかで、深みのある豊かな味わい。

    おまけの料理
    ローヌ・アルプと周辺の郷土料理

    フランス南東部、スイス及びイタリアと国境を接する地方。その中心都市リヨンはフランス第二の美食の街とされ、商経済の中心でもある。東側は東部のサヴォワ・南部のドーフィネが位置し、牧畜がさかんで良質の牛乳と乳加工品が作られ森の木陰には多くのキノコが自生している。ローヌの西側のオーヴェルニュは中央高地地帯の為、素朴な郷土料理が多く豚やその加工肉を使ったスープや煮込み・現地で取れる多数のキノコを使った料理も多く見られる。
    魚クネル
    <リヨン風白身魚のクネル ソースモルネー>
    クネル』とは「団子」の意味で、リヨンでは魚のすり身で作る料理。ソースモルネーで焼き上げます。
    ファルス
    <チャンピニオンのファルス(キノコの詰め物) ジャガイモのリヨン風ソテー>
    オーヴェルニュ地方で取れる大ぶりのセップ茸(ヌメリタケ・ポルチーニ)に豚肉やハムと地方の複数のキノコをファルス(詰め物)にした料理。今回のはマッシュルームとエリンギで。
    レバームース
    <鶏レバーのムース ソーストマト>
    ブレス鶏が有名なリヨンの名物。いわゆるパテ・リエット・テリーヌなどが素材の固形物を残すのに対し、撹拌し、裏ごししてから整形するので、柔らかく仕上がり、こうしたひと手間をかけるあたりが美食の街と云われる由縁。
    パルマンティエ
    <アッシ・パルマンティエ(牛肉とジャガイモのグラタン)>
    現在はフランスの全土でお目にかかることが出来る伝統料理。アッシとは細かくしたものの意味、パルマンティエはジャガイモ料理のこと。

    今後のスケジュール
    ●10月12日(日) ブルゴーニュ・ボジョレー地方            
    ●11月 2日(日) フランスワインの新しい動き・・

    ワイン会番外編・11月19日水曜日深夜0時ボジョレー解禁!!!

    〒860-0807  熊本市下通1丁目7-4(酒場通り)嶋田ビル3F   
    BAR TRES
    TEL 096-356-8737
    スポンサーサイト

    タグ : 熊本 ワイン会 ボジョレー フランス クネル ファルス レバームース

    << 10月はブルゴーニュ・ボジョレー地区 | ホーム | ハム! >>


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

     BLOG TOP 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。