新着情報

TRESの項目

FC2カウンター

月別BAR TRES

最近のトラックバック

バー トレスTwitter

    follow me on Twitter

    プロフィール

    BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。

    Author:BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。
    熊本市下通1-7-4嶋田ビル3F
    TEL 096-356-8737
    長崎県諫早市長田中学校出身です。1978年生まれ。

    皆様からのお言葉

    リンク

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    8月ワイン会報告 ワイン編

    昨日8月10に

    第13回ワイン会 アルザス地方を楽しむ』を行いました。

    今回出したワインは・・・・・・・・・

    ビネールクレマン
    ◎泡・クレマン・ダルザス エクストラブリュット2004 (クリスチャン・ビネール)
    古くからの名門で、昔から無農薬有機栽培を実践。

    テンぺシルヴァネール
    ◎白・シルヴァネール2001(マルク・テンペ)
    テンペ氏は、国際的なヴィオニストで、INAOで11年間技術者を務めた人物。
    虫や微生物も含み自然界にいる生き物の力を借りながら、健康なブドウを育てます

    メイエーリース
    ◎白・アルザス・リースリング2005 (ジュリアン・メイエー)
    信憑性高いクラスマンなどのあらゆるワインガイドの掲載リクエストを拒否。
    1705年の昔から、ほとんどビオを実践し某批評家も自ら足を運ぶワイナリーです。

    シュレールゲヴェルツ
    ◎白・ゲヴェルットラミネール2005(ジェラール・シュレール)
    シュレールの畑はすべて何十年にも渡って一度も除草剤や化学肥料を使わず
    健全で収穫量を低く抑え、濃縮度の高いブドウを作るように心がけています。

    ガングランジェピノ
    ◎赤・アルザス・ピノノワール2005(ガングランジェ)
    オーナーのジャン・フランソワが一人で管理し、自然の土壌とブドウ樹の最高のバランスを求め生産。
    その生産姿勢は瓶詰タイミングを計ることなどにまでおよぶ。

    以上の身体に溶け込むような優しい自然派のワインたちを楽しみました。

    合せたチーズと料理は・・・・・・・・・続く・・・

    今後のスケジュール
    ● 9月 7日(日) コート・デュ・ローヌ地方 
    ●10月12日(日) ブルゴーニュ・ボジョレー地方            
    ●11月 2日(日) フランスワインの新しい動き・・
    ワイン会番外編・11月19日水曜日深夜0時ボジョレー解禁!!!

    〒860-0807  熊本市下通1丁目7-4(酒場通り)嶋田ビル3F   
    BAR TRES
    TEL 096-356-8737

    スポンサーサイト

    タグ : 熊本 BAR TRES ワイン会 ワイン アルザス ビネール テンペ メイエー チーズ

    << 8月ワイン会報告・チーズ料理編 | ホーム | ダークナイト >>


    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ●●●さんへ

    ありがとうございます^^

    憶えていますよ!!!

    実現しませんでしたが、健軍のラーメン屋に・・・・・

    とか^^

    熊本に来られる機会がありましたら、お待ちしております!!!

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

     BLOG TOP 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。