新着情報

TRESの項目

FC2カウンター

月別BAR TRES

最近のトラックバック

バー トレスTwitter

    follow me on Twitter

    プロフィール

    BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。

    Author:BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。
    熊本市下通1-7-4嶋田ビル3F
    TEL 096-356-8737
    長崎県諫早市長田中学校出身です。1978年生まれ。

    皆様からのお言葉

    リンク

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    第11回ワイン会報告・チーズ編

    5月11日の日曜日に『BAR TRES ワインでめぐる国~フランス編~』

    テーマ『シャンパーニュ地区とその他フランスのスパークリングを味わう』を開催しました。

    今回のチーズ
    ラングル
    ラングル 左ブリアサバラン 奥自家製フランスパン
    ラングルA.O.C.  フランス・シャンパーニュ地方 牛乳製
    シャンパーニュ地方のラングル高原で、修道院から農家に広がっていったチーズ

    ②ブリア・サヴァラン フランス(主にノルマンディー地方) 牛乳にクリーム添加
    19世紀の美食家 ブリア=サヴァランと同じ名前を持つチーズ。上質なレアチーズケーキのようなシルキー
    でリッチ、舌の上でとろけるような味わいが特徴。

    本日も勝手に作って出している、おまけの料理

    ①ユイトル・グラティネ (天然岩牡蠣のグラタン)
    カキとシャンパンは最高の組み合わせ。
    本日は牡蠣の煮汁と白ワイン・ソースオランデーズ(卵黄とバターのソース)で。
    牡蠣グラタン

    ②プティパテ・ショ・ド・ヴィヤーンド(肉のパテ・パイ包み焼き)
    フランスでパテやテリーヌは定番。
    特にパリのあるイル・ド・フランスはシャンパーニュと隣接しており、
    シャンパンとの組み合わせを楽しむ為肉や魚をその形のままパイ包む物等様々な変化を遂げました。
    本日は豚肉・鶏肉・鶏レバーを使って。
    パイパテ


    ③サント・ムヌー風豚足のグリエ グリーンピースの田舎風蒸し煮添え
    サント・ムヌーはロレーヌ地方寄りの町で、シャンパーニュ生みの親といわれるドン・ペリニョンの故郷。
    ルイ16世がヴァレンヌで革命軍に捕らえられたのは、逃亡中にサント・ムヌーでこの豚の足を食べていからだとも・・・・・・・・
    グリーンピースはフランス、特にシャンパーニュやイル・ド・フランスには欠かせない食材。
    別名『フランス風グリーンピース煮込み』との名が付くほど一般的なお惣菜。豚足


    ④ビスキュイ
    フランス語のbis「2度」cuit「焼く」から派生した言葉で、多くの種類があるランス発祥の小さいビスケットのようなものです。
    特にランスのはシャンパーニュのつまみとして考案されたものとも言われています。ビスキュイ


    あと、ガイド役のMIHOチャン先生からペコリーノチーズと空豆の差し入れもありました^o^ペコリーノ

    BAR TRES
    熊本下通1-7-4嶋田ビル3F
    TEL 096-356-8737
    スポンサーサイト

    タグ : 熊本 BAR TRES チーズ ワイン ワイン会 下通 ラングル ブラアサバラン ペコリーノ

    << 久しぶりにピコ作り | ホーム | 第11回ワイン会報告・ワイン編 >>


    コメント

    すごいすごい!レベル高っ!相変わらず凝ってますね!
    というか・・・シャンパーニュ地方の料理が南仏のものより洗練されてる感じです。豚足も牡蠣もスペインじゃこうはならないんじゃ・・・なんて!
    自家製ビスキュイもステキ!
    そら豆は生で食べますか?
    ここではデザートとして生で食べますよ!

    Miwakitzさんへ

    そうですね!
    なるべく田舎風の家庭料理をと思ったのですが、

    この辺りは一手間かかった物が多く・・・・・

    特にシャンパーニュと名の付く料理は煮込みやソースにシャンパンを使う料理が多く、それをすると価格は高いし、実際に飲むシャンパンをさすがに使えないし・・・・苦戦しました。

    イタリアのペコリーノは今の季節が一番美味しいと言われていて

    塩分が強いので、同じくこの季節が旬の空豆と食べるのが定番らしいのですが、

    もちろんイタリアでは生の空豆。

    Miwakitz さんも食べてるヨーロッパの旬の空豆は生でいいみたいなのですが、

    日本の空豆はアクがあるので加熱しないと(生で食べたらキツカッタ)
    (生食空豆作ってる農家さんも日本にあるのですが・・・まだまだ生産量の関係か、ヘタするとチーズと変わらない値段なので)

    おぉぉっ~~~~~デザートとしてなんですね^^

    どんな風に食べるのだろう(・・?)

    (豆のデザート・・・アンコや黒豆は甘くするよな~~~) 

    凄く×? ビスキュイに(/_;)幸せを感じてしまいました。

    今度は自分で作ります(^O^)v

    ????さんへ

    喜んで頂けて、作ったかいがありました。

    ありがとうございました。

    作るんですね!頑張ってください。

    そら豆なんですが、ちょっとデザートという言い方に語弊があったみたいなので訂正します(すいません)!
    要は食後果物食べるときに出てくるので、塩つけて食べるだけなんですよ。
    イタリアみたいに塩分の濃いチーズと食べるってなかなかおしゃれ!
    スペインは塩だけ・・・この辺に文化の差が・・・なーんて!
    でも素朴でおいしいです(笑)


    Miwakitzさんへ

    あっ! スイーツと勘違いしました。

    なるほどシンプルに塩

    さすが愛すべきスペイン!!!

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


    -

    管理人の承認後に表示されます


     BLOG TOP 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。