新着情報

TRESの項目

FC2カウンター

月別BAR TRES

最近のトラックバック

バー トレスTwitter

    follow me on Twitter

    プロフィール

    BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。

    Author:BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。
    熊本市下通1-7-4嶋田ビル3F
    TEL 096-356-8737
    長崎県諫早市長田中学校出身です。1978年生まれ。

    皆様からのお言葉

    リンク

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    自然派ヌーボー

    先日お客様の御好意により自然派ボジョレー飲み比べ会が開かれました。
    自然派ばかりなので、しっかりオリを落ち着かせて満を持しての会。
    すばらしいラインナップで・・・・・ DSCF1454.jpg

    〇【フレデリック・コサール(シャソルネィ)】ボジョレー・ヴィラージュ・プリムール ラパン
    樹齢100年にして、無農薬の畑「ラ・パン」は単一のモノポールの畑!糖度の数値が高く、最高の完熟したブドウを、さらに醸し期間を長くとる。
    〇【ドメーヌ・デュ・トラコ】 ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー ノン・フィルトレ
    有機肥料のみによるブドウ造り。昔ながらの方法で醸造された後、特に出来の良いキュヴェを厳選し、葡萄の持つポテンシャルを生かす為に、フィルターをかけずに瓶詰め。


    DSCF1455.jpg

    〇【ラパリュ】 ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー
    発酵・醸しは短く低温で、酵母や砂糖の添加はせず、果実そのものをそのまま閉じ込めた味わい。ラパリュは、ボージョレ自然派生産者のなかでも独自にワイン造りの哲学を究め、ボージョレTOP生産者に登り詰めた独立独歩の造り手!
    〇【カリーム・ヴィオネ】 ボジョレー・ヴィラージュ プリムール
    昨2006年が初ヌーヴォー、初上陸だったカリーム!その2006は多くのワイン関係者から「今年イチバン美味しいヌーヴォー」「今年の新人賞」と言われるほど。


    DSCF1461.jpg

    〇【シリル・アロンゾ】 ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー
    幻と言われるワインほどの価値のあるワインを造る人物 シリル・アロンゾ
    彼のワインは「雑誌」ではなく、普遍的な「専門書」というカテゴリーでシリル・アロンゾのワインリリースが記述されるほどの注目の一本
    〇【ヤン・ロエル】 ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー
    近年の自然派ワイン界もっとも大きな話題の一つがヤン・ロエルの独立。
    そしてその彼がヌーヴォーもリリース! 昨年既に日本の専門家、愛好家、ワイン・ジャーナリズムを唸らせた逸品

    DSCF1463.jpg

    〇グラン・コリーヌ(大岡弘武)】 VdP アルディッシュ・ルージュ・プリムール
    南仏のヌーヴォー。 大岡弘武さんは今やフランス中で注目され、またローヌでは有名ドメーヌでの実績を含めて、ローヌでもトップレベルに名を連ねる日本人の醸造家です。
    フランスで研修後もそのままグリッパの栽培長・名門ギガルのサン・ジョセフの栽培長・コルナスのティエリ・アルマンの総栽培長を務め 、独立しドメーヌ「ラ・グランド・コリーヌ」を立ち上げる。
    質の高い自然派ワインの造り手。
    〇【グラン・コリーヌ(大岡弘武)】 VdP アルディッシュ・ブラン・プリムール

    DSCF1467.jpg

    そして何度か登場したこの安心の2本
    ●【フィリップ・パカレ】ボジョレー・ヴァン・ド・プリムール
    ○【ティエリー・ピュズラ】ヴァン・ヌーヴォー・ブラン
    至福の会でした。^0^

    スポンサーサイト

    タグ : ワイン ボジョレー ヌーボー 自然派 パカレ ラパリュ

    << 12月のお休み | ホーム | チーズ会のワイン >>


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

     BLOG TOP 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。