新着情報

TRESの項目

FC2カウンター

月別BAR TRES

最近のトラックバック

バー トレスTwitter

    follow me on Twitter

    プロフィール

    BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。

    Author:BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。
    熊本市下通1-7-4嶋田ビル3F
    TEL 096-356-8737
    長崎県諫早市長田中学校出身です。1978年生まれ。

    皆様からのお言葉

    リンク

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2月チーズ会の感想

    総括としては、もう1週間もたってしまいましたが、(遅くてすいません)
    応援ありがとうございますm(_ _)mクリックお願いします→にほんブログ村 酒ブログへ 自分はその日に、ワインは確認をしたのですが、チーズは後日でしたので、
    チーズワインを組み合わせた感想は無い視点での内容です。

    自分は日頃、お店でチーズワインも扱っているので、実際に第1回のチーズ会で出されたチーズは、

    フルム・ダンベール以外、全て食したことのあるものでした。

    そこで感じたのが・・・・・・

    関心と言うか、感動したのがチーズの状態の良さ。

    好みの問題ながら、自分は癖が強いのが好きなので、どうしても過剰に

    熟成が進んだ段階を食べるし、お客様にも提供しております。

    でも、

    今回はチーズのプロ(プルミエクリュセレクト)だから、

    それぞれの良さがわかる状態で出してもらい、

    まず、食べ比べて楽しい。

    特にアフィネ・オ・シャブリは抜群に状態がよく、

    表皮は綺麗な状態なのに、ナイフを入れた瞬間流れ出す柔らかさ。

    冷蔵庫から出したばっかりのカマンベールをイメージしてください。
    熟成前はそんな感じ。

    それが、冷えているのにもかかわらず、フォンデュのようなまろやかさで、流れ出す。

    熟成の状態が良いことにより。


    自分の場合は、熟成が進みすぎた時に現れる

    独特の共通した香りが、どのチーズも支配的になるので、

    判断の部分が狭まっていたなと痛感しました。


    チーズは奥が深いもの。

    頭と言葉で表面上は認識していても、

    こうした機会があると改めてその深さを感じることが出来てよかったなと思いました。
    (立場上、話のメモが取れなくて残念でした・・・・)

    なお

    今回のチーズ、ワインともプルミエクリュにて販売しております。

    ワインショップ プルミエクリュ
    熊本市西原1-22-38
    TEL 096-382-2622
    OPEN 11:00~20:00 年中無休
    スポンサーサイト

    タグ : プルミエクリュ チーズ ワイン 販売 熊本 スペイン料理 ショットバー

    << BAR TRES 一周年 | ホーム | 第1回チーズ会報告その3 >>


    コメント

    とりあえず

    チーズとワインの組み合わせを考えながら味わうのに、凄く厳選されたメニューだと思いましたよ。
    1'Cruまた時間があったら立ち寄ってみたいと思います。

    ヒゲさんへ

    厳選。

    そんな感じですね。初回にて、余裕が無く

    自分はその場で確認出来なかったのが(TOT)

    今後は自分もしっっつつうつつつつつっつかり味わいます。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

     BLOG TOP 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。