新着情報

TRESの項目

FC2カウンター

月別BAR TRES

最近のトラックバック

バー トレスTwitter

    follow me on Twitter

    プロフィール

    BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。

    Author:BAR TRES(バートレス)熊本のバーです。
    熊本市下通1-7-4嶋田ビル3F
    TEL 096-356-8737
    長崎県諫早市長田中学校出身です。1978年生まれ。

    皆様からのお言葉

    リンク

    ブログ内検索

    RSSフィード

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ワイン会変更のお知らせ!

    10月4日に予定しておりましたワイン会

    シャルドネ種飲み比べは、

    都合により延期することとなりました。

    申し訳ございません。

    開催日が決まり次第UP致します。

    11月3日のカベルネソーヴィニヨン・メルローの飲み比べは

    予定通り行いますので、宜しくお願い致します。
    スポンサーサイト

    8月のワイン会

    8月9日 日曜日に 
    ●第21回「リースリング飲み比べ」を開催しました

    ワイン
    リーズブリュット
    ①ゼルバッハ ツェルティンガー・ヒンメルライヒ リースリング・ゼクト・ブリュット2004
    ドイツ モーゼル・ザール・ルーヴァー地方 ゼクトb.A>

    スタンプJR
    ②ダーレンベルグ・エステート ザ・スタンプジャンプ リースリング2008
    <オーストラリア サウス・オーストラリア州マクラーレン・ヴェイル>

    マルクテンペR
    ③マルク・テンペ アルザス・リースリング・ツェレンベルグ2005
    フランスアルザス地方 A.O.C.アルザス

    DおすてらーR                       
    ④ドメーヌ・オステルタグ アルザス・リースリング ヴィーニョブルE 2007
    フランスアルザス地方 A.O.C.アルザス
                                                                クリストファR                           ⑤ジョセフ・クリストフェル ユルツィガー・ヴュルツガルテン リースリング・シュペトレーゼ1994
    ドイツ・モーゼル・ザール・ルーヴァー地方 シュペトレーゼ>

    本日の料理
    リース前菜
    ●キノコのクルート盛り 真ん中 
    ジュラ地方の名物料理。本来はモリーユ茸(和名アミガサ茸)で作る料理
    ●プフリュート  左 
    ドイツ風団子料理
    ●むかし風のアッフェル・クーヘン  右
     甘さ控えめでデザートというよりはパン代わりの主食に近いリンゴのケーキ・パン?
    シュークルート  手前小皿
     自家製発酵キャベツ。ドイツではザワークラウトと言う。

    フォアグラテリーヌ
    ●フォアグラのテリーヌ 
     フォアグラの産地、アルザス・ラングドック・ペリゴールなどを代表する料理。

    魚シュー
    ●魚のシュークルート(ザワークラウト)
     一般的にシュークルート(発酵キャベツ)と肉・ハム・ソーセージなどを一緒に煮込む料理。 
    今回は川沿いの町や村で作られている魚のシュークルート。
    ベッコフ
    ●ベッコフ
     『パン屋の窯で煮る』と、言う名の料理。ポテ(ポトフ)の一種。リースリングで一晩マリネした肉を煮込に。


    次回のBAR TRESワイン会 ブドウ品種の飲み比べ

    9月のテーマは『グルナッシュとシラー』

    グルナッシュは世界第二の生産量を誇る品種で、世界各地で作られ、
    ライトなテーブルワインからヌフデュパプのような高級品まで幅広く、
    その果実味・スパイス感・土やキノコのニュアンスが独特で飲む者を魅了します。

    シラーも同じく世界各地で作られ、色濃く・力強く・濃厚で、
    チョコ・ゴムの焦げたなど甘くて香ばしい味わいがあります。

    そして、それぞれ単体のワインも作られますが、この二つ個性を合わせた魅力的なワインが、
    フランス・ローヌを代表に各地で作られています。

    9月はこの個性的で力強い2品種を飲み比べます

    開催日    9月6日 日曜日
    開始時間  19時(1時間半程の予定)
    会費     6000円を予定
    予約受付中予約定員制です。
    (定員により受付終了時はご了承下さい)

    以降の日程
    ●第23回 10月4日(日)   シャルドネ種     
    ●第24回 11月3日(火祝) カベルネソーヴィニョン・メルローの2種

    番外編 ボジョレー解禁カウントダウン
        11月18日(水) 深夜0時(19日木曜日)になり次第乾杯します!!!

    〒860-0807  
    熊本市下通1丁目7-4(酒場通り)嶋田ビル3F
    BAR TRES(バートレス)
    TEL 096-356-8737

    タグ : 熊本市 BAR バー ワイン フランス ドイツ アルザス シュー

    6月ワイン会報告と、7月も・・・

    6月7日に 
    ●第20回「シュナン・ブラン ソーヴィニヨン・ブラン カベルネ・フラン飲み比べ」を開催しました

    ヴーヴレ
    ①シュナン・ブラン:ドメーヌ・ヴィニョー・シュヴロ ヴーヴレ・ペティヤン・ブリュット<フランス・ロワール地方 A.O.C.ヴーヴレ>
     リリース量の50%はドメーヌ直販売とヴーヴレの中では異例。フランス国内のレストランやカーヴィストが足を運んでまで買いに来る自然派ワイナリー 

    サンセール
    ②ソーヴィニヨン・ブラン:ドメーヌ・ミシェル・トマ サンセール・ブラン2007<フランス・ロワール地方 A.O.C.サンセール>
     栽培は化学肥料や農薬の使用を極力控えるリュット・レゾネを実践。このワイナリーはロバート・パーカーやワインスペクテイター誌の評価も高く、『MILLESIMES』誌(生産者の間で信頼の高いワイン・ガイド)でも、「サンセール 白」の部で“特別第一級”にランク付けされている。               
    プイィ
    ③ソーヴィニヨン・ブラン:ドメーヌ・セルジュ・ダグノー・デ・フィーユ プイィ・フュメ2007<フランス・ロワール地方 A.O.C.プイィ・フュメ>
    ダグノー家は1988年以来ビオディナミ農法で作業を行っている。除草剤は使わず定期的に耕すことで雑草を取り除き、化学肥料は使わず有機肥料のみ少量使用。収穫は手摘みと機械摘みが半分ずつ。収穫後24時間置いた後、低温で発酵させアロマを引き出す。ロバート・パーカー氏から最良の生産者評価を得ているだけでなく、「ラ ルヴェ デュ ヴァン ド フランス」でも4つ星が付けられている。  

    シノン
    ④カベルネ・フラン:ドメーヌ・パスカル・ランベール シノン・キュヴェ・ダナェ2004<フランス・ロワール地方 A.O.C.シノン>
     オーナーのパスカル・ランベール氏はイタリアのバローロやスペイン、カリフォルニアのなどのワイン造りを学んだ後、蓄積したノウハウを彼独自のスタイルへと変えてきた。現在はオーガニック農法含め、土壌を大事にした、彼自身のシノンを造りあげている。1993年頃から、彼の名はシノンのなかで次第に注目を浴びはじめるようになり、最近ではシャルルジョゲやクーリー・ディテイユとともにビッグ3のシノンの造り手に肩を並べる存在となっている。                                                           
    ニコラジョリー
    ⑤シュナン・ブラン:ニコラジョリー サヴィニエール“レ・ヴュー・クロ”2006<フランス・ロワール地方 A.O.C.サヴィニエール>
     ニコラジョリーはロワール地方A.O.C.サヴィニエール屈指の生産者で、ビオディナミ農法の教祖であり提唱者と言われており、マダム・ルロワやマルセス・ダイス、シャプティエなど著名な生産者が教えを乞うことでも有名。

    料理
    ワインが全てフランス・ロワール地方のものなので、本日は同郷のロワール地方の料理をご用意しました。

    クネル.じゃがいも
    ●リヨン風クネル
    クネルは団子の意味。野菜で作るクネルもあるが、ロワールはマスやサーモン・ブロシェ(川カマスの
    1種)など魚介が豊富なので、魚のすり身で作ることが多い。アメリケーヌとベシャメルを合わせたソースで焼き上げました。
    ●ガーティネ風ジャガイモのソーセージ ソースヴルーテ(ガーティネは地方名)

    サーモン.リヨン.キャベツ
    ●自家製スモークサーモン
    ●キャベツの蒸し煮
    ロワールで主に前菜としてサラダ的に出されたり、リヨン(豚肉の油脂煮)の付け合わせにされたりする。
    ●リヨン
    ロワール・アンジュー地方の料理で、リエット(粗い肉のパテ)の仲間。元々は保存食として作られていた料理でコーンビーフなどの原形と言える。
    ●自家製フランスパン

    ブタロースプラム
    ●熊本産豚ロースのステーキ プラムソース
    ロワールのトゥーレーヌ地方では料理に果物を合わせる事が多く、大きな特徴のひとつとなっている。
    トゥールは干しプラムの産地であり、豚肉と干しプラムやフルーツを合わせるのが定番料理である。

    カレイ蒸し煮
    ●カレイのア・ラ・ヴァプール ソースブール・ブラン
    ア・ラ・ヴァプールは1970年代から流行した白身魚によく使われる蒸す調理法。淡白な白身魚をブール・ブラン(バターをふんだんに使ったソース)で合わせるのがロワールやシャンパーニュ、イル・ド・フランスなどでは定番とされている。しかし、近年はフランス国内でも健康志向が強い為、バターを別の物で代用し、独自のソースを作るレストランも多い。

    次回のイベントは・・・・・・・
    7月はイベントお休みの予定
    でしたが、定員締め切りの為ご参加頂けなかったお客様やその他の皆様からも会の開催ご要望頂きましたので、番外編と致しまして、

    第20,5回「チーズとワインの会」を開催することに致しました。
    7月は通常の会と趣向を変えてチーズが主役』の会となります。

    現在の予定では
    『各タイプごとのチーズを6種類前後と、そのチーズに合わせやすいワインを5種類ほど』で楽しんで頂こうかと考えています。

    詳細は決まり次第改めてブログでUPの予定です。

    開催日    7月12日 日曜日
    開始時間  19時(1時間半程の予定)
    会費     6000円を予定
    予約受付中予約定員制です。
    (定員により受付終了時はご了承下さい)


    〒860-0807  
    熊本市下通1丁目7-4(酒場通り)嶋田ビル3F
    BAR TRES(バートレス)
    TEL 096-356-8737

    タグ : 熊本市 イベント ワイン会 チーズ BAR ニコラ ジョリー

    第19回 イタリアの品種飲み比べ

    BAR TRES ワイン会2009 ブドウ品種ごとの飲み比べ

    5月4日に ●第19回 イタリアの品種飲み比べを開催しました

    ワインヴェルメンティーノ
    ①白:ピエロ・マンチーニ ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ 2006
    イタリア・サルディーニャ州 D.O.C.G.ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ>
     
                                           (ヴェルメンティーノ100%)
    ガヴィ
    ②白:ミケーレ・キャルロ ガヴィ ラ・ヴェスパ 2007
    イタリア・ピエモンテ州 D.O.C.ガヴィ>
    (コルテーゼ100%)

    ドゥカ・ディ・サラパルータ
    ③赤:ドゥカ・ディ・サラパルータ パッソ・デッレ・ムーレ 2006
                   <イタリア・シチリア州 I.G.T.>
    (ネロ・ダーヴォラ 100%)

    キャンティ
    ④赤:クエルチャベラ キャンティ・クラシコ 2005
                      <イタリア・トスカーナ州 D.O.C.G.キャンティ・クラシコ>
    (サンジョヴェーゼ95% カベルネ・ソーヴィニヨン5%)                                                                                                                       
    バローロ
    ⑤赤:テッレ・デル・バローロ バローロ・リゼルヴァ 2000
                           <イタリア・ピエモンテ州 D.O.C.G.バローロ
    (ネッビオーロ100%)



    本日の料理
    アンティパストアンティパストパーネそらまめ
    長崎産タコと自家製ドライトマトのマリネ サルディーニャ風 
    熊本無菌豚ロースの自家製生ハム
    ペコリーノロマーノと生そら豆 
    天草産イワシのマリネ
    カポナータ シチリア風 
    ビネガーエッグ(バルサミコ漬け)
    自家製パーネカラサウ(サルディーニャ薄焼きパン)

    プリモピアットボッタルガカネロ二
    自家製ボッタルガのスパゲッティー
    アスパラ・菜の花とツナの手打ちカネロ二 ゴルゴンゾーラ風味

    セコンドピアットタリアータ

    阿蘇牛モモ肉のタリアータ ネッビオーロとキノコのソース サラダ添え

    次回のイベント

    第20回「シュナン・ブラン ソーヴィニヨン・ブラン カベルネ・フラン飲み比べ」
    開催日    6月7日 日曜日
    開始時間  19時(1時間半程の予定)
            ワイン5種程・料理4種程
    会費     6000円を予定
            会費は変更になる場合がございます

    予約受付中予約定員制です。
    (定員により受付終了時はご了承下さい)

    〒860-0807  
    熊本市下通1丁目7-4(酒場通り)嶋田ビル3F
    BAR TRES(バートレス)
    TEL 096-356-8737

    タグ : ワイン会 熊本市 BAR イタリア 天草 バローロ キャンティ イベント

    サクラの季節にロゼワインの見比べ

    BAR TRES ワイン会2009 ブドウ品種ごとの飲み比べ

    4月テーマ ●サクラの季節にロゼワインの見比べを4月12日 日曜日に開催しました

    ワイン
    クレマンダルザス
    ①ドメーヌ・ルシアン・アルブレヒト クレマン・ダルザス ブリュット ロゼ<フランス・アルザス地方 A.O.C.クレマン・ダルザス>
    ルシアン・アルブレヒトは2000年から全ての畑でビオロジック(オーガニック)農法を実践。
    本日のワインは、オルシュヴィール近郊の石灰土壌で栽培されたピノ・ノワール種を使用し、
    瓶内2次発酵方式で造られるスパークリングワインである。(ピノ・ノワール100%)

    カベルネダンジュ
    ②ディディエ・シャッファルドン カベルネ・ダンジュ グット・ド・ロゼ 2005<フランス・ロワール地方アンジュー地区 A.O.C.カベルネ・ダンジュ>
    ロワールの自然派ワインの大御所であるマルク・アンジェリディディエの旧友であるディディエ・シャッファルドン。
    ワイン造りを志したときに、マルクの助言を得て、この地区にやってきた。几帳面で誠実な人柄で、マルクの信頼が大変厚い造り手である。(カベルネ・フラン主体、ピノ・ドニス)

    カシィロゼ
    ③クロ・サン=マグドレーヌ カシィ・ロゼ2005<フランス・プロヴァンス地方 A.O.C.カシィ>
    クロ・サン=マグドレーヌは、カシィでトップ・クラスの評価を得ている造り手。カシィはマルセイユの東10km
    ほどのところに位置し、フランス全土においても最も古い産地のひとつ。カシィの全生産量の7割以上を白が占め、残りのほとんどはロゼで、赤がごく少量。(グルナッシュ、サンソー、ムールヴェードル)

    サクラ
    ④ドメーヌ・シュヴロ “サクラ”ロゼ・ド・ピノ・ノワール 2008<フランス・ブルゴーニュ地方 A.O.C.ブルゴーニュ・ロゼ>
    現オーナーのパヴロと日本人のかおりさんのご夫婦がワイン造りを行うドメーヌ。規模は小さいながら、その造りだすワインの品質は地元ブルゴーニュでも高く評価されている。
    このキュヴェ・サクラは、ご夫婦が日本の美しいサクラの季節のルポタージュを偶然見たことがきっかけで生まれた。
    醸造段階から熟成まで、すべての工程でサクラが満開となるこの時期に最高に美味しく飲めるように、工夫されたワインである。(ピノ・ノワール100%)                                                                                                                       
    ロゼドカロン

    ⑤ロゼ・ド・カロン 2004<フランス・ボルドー地方 A.O.C.ボルドー・ロゼ>
    シャトー・カロン・セギュールは、ボルドーのサン・テステフ地区の北端にあるシャトーで、1855年のメドック
    格付けでは3級に格付けされた。そのシャトー・カロン・セギュールで造られるロゼワインがこのロゼ・ド・カロンである。カロン・セギュールでは赤ワインにより力強さと凝縮感を与えるため、発酵の初期段階でタンクから果汁を1部抜き取る。この抜き取られた果汁から造られるのがこのロゼである。(カベルネ・ソーヴィニヨン50%、メルロー50%)

    春・サクラの季節の料理

    ふきキャベツシンタマネギ
    前菜盛り合わせ
       (春キャベツアンチョビ・つわぶきうす炊き・新玉葱のコンフィ)
    空豆豆腐
    そらまめ豆富

    桜鯛白魚
    お造り
    (セリと天草産桜鯛のマリネしたカルパッチョ・熊本産白魚と帆立貝柱の桜の花和え・富山産蛍烏賊と春一文字酢味噌・新若布)
    新ジャガもち
    新じゃがの和風ニョッキ 桜海老あんかけ

    カレイ香草
    長崎産カレイの香草焼き

    豚筍木の芽味噌
    県産豚肩ロースと筍の木ノ芽味噌焼き クレソン

    菜の花生姜飯
    菜の花と新生姜の炊き込みご飯

    次回イベント、5月のテーマは
    『第19回 イタリアの品種飲み比べ』です。

    開催日    5月4日 月曜日 祝日
    開始時間  19時(1時間半程の予定)
            ワイン5種程・料理4種程
    会費     6000円を予定
            会費は変更になる場合がございます

    予約受付中予約定員制です。
    (定員により受付終了時はご了承下さい)


    前期スケジュール
    第20回 6月7日 日曜日「シュナン・ブラン ソーヴィニヨン・ブラン カベルネ・フラン飲み比べ」
    前期分は予約受付中です。

    後期のスケジュール予定
     8月「リースリング」
     9月「グルナッシュとシラー」  
    10月「シャルドネ」 
    11月「カベルネ・ソーヴィニヨンとメルロー」

    〒860-0807  
    熊本市下通1丁目7-4(酒場通り)嶋田ビル3F
    BAR TRES(バートレス)
    TEL 096-356-8737

    タグ : 熊本市 ワイン会 イベント BAR バー

    ガメイとピノノワール

    BAR TRES ワイン会2009 ブドウ品種ごとの飲み比べ
    3月テーマ ●ガメイとピノノワールを3月15日 日曜日に開催しました
    トゥーレーヌガメイ
    ①ガメイ:ドメーヌ・クロ・ロッシュ・ブランシュ トゥーレーヌ・ガメイ サン・スフル 2006フランス・ロワール地方
    100%ビオディナミ農法を実践している造り手
    ワイン作り30年の経験に客観的な化学の考察を取り入れた彼独自の理論は、ティエリー・ピュズラ、ミッシェル・オジェをはじめ、多くのビオワイン生産者に影響を与えている。(ガメイ100%)

    Kヴィオニエボジョレ

    ②ガメイ:ドメーヌ・カリーム・ヴィオネボージョレ・ヴィラージュ キュヴェ・ヴァレリー 2007フランス・ブルゴーニュ地方
    オーナー カリーム・ヴィオネ、彼がワインのギイ・ブルトンのドメーヌの畑から醸造まで全て任され、と同時に自らのドメーヌでのワイン造りも行う。
    畑は 100%ビオロジックで、散布剤は硫黄とボルドー液散布のみの使用。(ガメイ100%)

    ドトールフォアピノ

    ③ピノ・ノワール:ドトールフォア ピノ・ノワール 2006フランス・ラングドック地方
    ドトールフォワは、毎年ブルゴーニュの聖地クロ・ド・ヴージョで開催されるタストヴィナージュには毎年のように選出(タストヴィナージュとは「ブルゴーニュ騎士団推薦」という意味で、年2回200名の審査員により、すべてブラインド・テイスティングによって選ばれる名誉ある称号である)(ピノ・ノワール100%)

    マルクテンペピノ

    ④ピノ・ノワール:ドメーヌ・マルク・テンペ アルザス ピノ・ノワール アルテンブルグ 2004フランス・アルザス地方 
    マルク・テンペは醸造専門学校を卒業後、大手ネゴシアンで醸造に携わり、その後11年間INAO(原産地呼称国立研究所)で、生産者の醸造コンサルタントを務める。1996年からビオディナミ農法で栽培。現在では、フランスワイン専門誌「ゴー・ミヨー」にて4つ星掲載されるなど、フランス国内外で高い評価を獲得している。(ピノ・ノワール100%)                                                                                            Pミオレーヌブルゴーニュ
                               
    ⑤ピノ・ノワール:ドメーヌ・パトリック・ミオレーヌ ブルゴーニュ・ルージュ キュヴェ・バーバラ 2005フランス・ブルゴーニュ地方
    パトリック・ミオレーヌは、「ドメーヌの精神を伝えていくためには、なんでも自分の手でやる」を信条とし、摘み取り作業はもちろんのこと、害虫対策の接木まで自分の手で行う。また、もうひとつの信条は「すぐに飲めるワインは造らない、赤は特にそう」であるとのこと。フランスのワインガイド『ギド・アシェット』で「ほかの1級クラスのワインは、1級畑でないこの畑から生まれるこのワインの 足元にも及ばない」と大絶賛された造り手である(ピノ・ノワール100%)


    料理
    姫人参ブリパテチョリソ
    前菜盛り合わせ
    (オリーブの香草マリネ・阿蘇自然鶏レバーのパテ・スペインイベリコ豚のチョリソ
    ピクルス2種(熊本産姫人参・セロリ)・ブリドモー)

    魚介ヴィネグレ
    魚介のビネグレットスペイン魚介のタパの定番)

    ピスト
    県産野菜のピストマンチェゴ(ラマンチャ地方の野菜煮込み)

    イカトグリーンピース
    天草産剣先イカとグリーンピースの煮込み(カタルーニャ地方やその他イカやタコの取れる地区の郷土料理)

    牛ホホピノ煮
    豪産牛ホホ肉のピノ・ノワール煮込み 県産新じゃがのマッシュポテト

    次回イベント、4月のテーマは
    『第18回 桜の季節にロゼ飲み比べ』です。

    一般的印象では『ロゼ=甘い』と思われる場合が少なくないですが、
    実際は辛口が多く、その中で
    ロゼスパークリングや白ワインに近いすっきりしたものや、
    色合いからは予測出来ないしっかりとタンニンを持った赤ワインよりのものまで
    色んなタイプがあり、まさに『白ワインと赤ワインのいいとこ取り』とも言えるでしょう


    これがきっかけでロゼワインに目覚めるかも!!!

    開催日    4月12日 日曜日
    開始時間  19時(1時間半程の予定)
            ワイン5種程・料理4種程
    会費     6000円を予定
            会費は変更になる場合がございます


    予約受付中予約定員制です。
    (すでに予約が入り始めておりますので、受付終了時はご了承下さい)


    以降の前期スケジュール
    第19回 5月4日  月曜日 祝日  「イタリアの品種」
    第20回 6月7日  日曜日      「シュナン・ブラン ソーヴィニヨン・ブラン カベルネ・フラン」
    前期分は予約受付中です。

    後期のスケジュール予定
     8月「リースリング」
     9月「グルナッシュとシラー」  
    10月「シャルドネ」 
    11月「カベルネ・ソーヴィニヨンとメルロー」

    〒860-0807  
    熊本市下通1丁目7-4(酒場通り)嶋田ビル3F
    TEL 096-356-8737

    タグ : ワイン 熊本 スペイン フランス イベリコ BAR イベント

    3月ワイン会受付終了。4月は・・・

    サロンブレリアとおこなう今年最初のイベント

    BAR TRES ワイン会2009 ブドウ品種ごとの飲み比べ
    3月テーマ ●ガメイとピノノワール

    開催日3月15日 日曜日

    こちらは定員となりましたので予約受付を終了致しました。
    皆様、ありがとうございました。
    (お客様のご都合により欠員が出る場合もありますので、
    その際の参加ご希望の方はご連絡下さい)


    次回4月のテーマは
    『第18回 桜の季節にロゼ飲み比べ』
    です。

    一般的印象では『ロゼ=甘い』と思われる場合が少なくないですが、
    実際は辛口が多く、その中で
    ロゼスパークリングや白ワインに近いすっきりしたものや、

    色合いからは予測出来ないしっかりとタンニンを持った赤ワインよりのものまで
    色んなタイプがあります。

    これを機会にロゼワインにはまるかも!?


    開催日    4月12日 日曜日
    開始時間  19時(1時間半程の予定)
            ワイン5種程・料理4種程
    会費     6000円を予定
            会費は変更になる場合がございます


    予約定員制です。
    (すでに予約が入り始めておりますので、受付終了時はご了承下さい)


    以降の前期スケジュール
    第19回 5月4日  月曜日 祝日  ●テーマ 未定
    第20回 6月7日  日曜日      ●テーマ 未定

    なおBAR TRESワイン会はガイド役にSalon Buleria (サロンブレリア)
    代表:薬師寺氏を迎え開催します!

    薬師寺氏の取得資格 
    *ワインアドバイザー *チーズプロフェッショナル  *ヴェネンシアドール[シェリー酒資格]
    今後のその他変更点や、新たな情報はBAR TRESブログにて更新予定

    〒860-0807  
    熊本市下通1丁目7-4(酒場通り)嶋田ビル3F
    TEL 096-356-8737

    タグ : 熊本 イベント ワイン会 BAR チーズ ヴェネンシア

    だし・旨み・コク・醤油・味噌とお酒を考える会

    昨日開催いたしました。
    『だし・旨み・コク・醤油・味噌とお酒を考えるです。

    昨日の料理は・・・・
    高菜菜の花ナス寒ブリ
    阿蘇新高菜漬け 菜の花お浸し・柚子 米茄子の含め煮・生姜
    寒ブリのお造り


    大根牛スジ
    大根と牛すじの煮込み

    鮭フキ味噌
    鮭のふき味噌焼き

    豚椎茸旨煮
    豚バラと干し椎茸の旨煮・粉山椒

    カツオちらし寿司
    カツオのちらし寿司

    牛スジ牛蒡きのこ
    おまけで最後に、前半に出した大根とスジの煮込みに
    『ゴボウとキノコ』を加え
    味付けはそのままだけど、具材から出る味と香りによる

    ワインとの相性の変化
    を楽しんで頂きました。

    合わせたお酒は、

    四万十川純米吟醸(高知)

    酔心純米吟醸(広島)

    ガイヤーホーフ・グリューナーフェルトリナー2006
    ヴィレ・クレッセ ヴィエイユ・ヴィーニュ2005 アンドレ・ボノーム
    ヴェルシュニー2006 ティエリー・ピュズラ
    CHミランボーパパン2004


    シングルモルトスコッチウイスキーは
    グレンキンチ―・グレンリベット・ハイランドパーク・ブルイックラディ・マッカラン・タリスカー・アードべックを好みで。

    日本酒はもちろん和食と無難に美味しく、

    ワイン

    その都度いろんな組み合わせをお客様に自由に試していただきました。

    チョットした薬味や味付けで白ワインから赤ワイン

    ライトで果実味のあるものから樽熟や厚みのある味わいのワインへと


    相性の変化で想像通りもあれば、反発する物もあり

    色んな発見が出来たかと思います。

    ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。09.2旨味と酒会

    次回イベント
    BAR TRES ワイン2009 ブドウ品種ごとの飲み比べ』
    第17回 3月15日 日曜日 テーマ ●ガメイとピノノワール
    第18回 4月12日 日曜日      ●桜の季節にロゼ飲み比べ
    第19回 5月4日  月曜日 祝日  ● 未定
    第20回 6月7日  日曜日      ● 未定


    開始時間 19時(1時間半程の予定)
    ワイン5種程・料理4種程
    費   各とも6000円を予定・・・・費は変更になる場合がございます


    予約定員制です。
    (こちらもすでに予約が入り始めておりますので、受付終了時はご了承下さい)

    なお今年もBAR TRESワイン会は
    ガイド役にSalon Buleria (サロンブレリア)代表:薬師寺 美穂氏を迎え開催します!
    取得資格 *ワインアドバイザー *チーズプロフェッショナル  *ヴェネンシアドール[シェリー酒資格]
    今後のその他変更点や、新たな情報はBAR TRESブログにて更新予定

    〒860-0807  
    熊本市下通1丁目7-4(酒場通り)嶋田ビル3F
    TEL 096-356-8737

    タグ : ワイン 熊本市 日本酒 BAR シングルモルト イベント

    今年のイベントもそろそろ!

    早いもので2月!
    今年もワインを中心にいろんな企画を開催します!!!
    まず始めは・・・・・・
    『だし・旨み・コク・醤油・味噌とお酒を考えるです。

    料理とお酒には相性がある。
    和食を食せば焼酎や日本酒が欲しくなる。フレンチやイタリアンならワインであったり・・・

    しかし、自宅でワインウイスキーを楽しむ時には、ハムやチーズ・ナッツを買ったり、作る料理も洋風になりがちですよね。

    でも!!!実は日頃家庭で
    よく食べているような和風の料理やおかずでも

    『相性さえ合わせれば』
    和の酒で無くても美味しく楽しむことが出来るはず!!!

    それを感じて頂く為に、今回は普段家庭で作るのに近い料理と
    日本酒・ワインウイスキーを飲みながら、家庭で楽しむ時の料理とお酒の組み合わせの

    『コツ』をこので見付けて頂ければと思います。

    日時 2月15日(日)
    19時~(2時間程)
    場所 BAR TRES
    費 6000円

    料理は6~8品程を予定
    お酒は日本酒2種・ワイン4種程

    ウイスキーは希望の方に、お店の指定の物を提供させて頂きます。

    ※予約定員制です(残り3名様となりました)

    〒860-0807  
    熊本下通1丁目7-4(酒場通り)嶋田ビル3F
    BAR TRES
    TEL 096-356-8737


    告知!!!

    Salon Buleria with BAR GOZAN
    シェリー酒と和食を楽しむ

    シェリー酒とは、スペインの南アンダルシア地方で造られる白ワインの1種です。
    一口にシェリーと言っても、辛口~甘口まで様々なタイプがあります。
    日本ではまだまだ馴染みが少なく、食前酒的なイメージが強いのですが、
    実は料理と合わせても美味しいお酒なのです。

    今回は、料理屋五山様のご協力のもと、今注目をされている和食との相性を楽しんでいただこうと、

    懐石風のお料理1品ずつに対して、それぞれタイプの違うシェリーを1種ずつ合わせる
    という趣向でのワインを企画致しました。

    料理屋五山様に併設された、落ち着いた和の雰囲気をもつBARの空間で

    美味しい和食とシェリーとの相性を、心ゆくまでお楽しみください。

    日本で70名しかいないヴェネンシアドール(シェリーのソムリエ)の資格を持つ、

    サロン ブレリア代表の薬師寺がご案内させていただきます。

    日 時:2月22日(日)19:00~21:00
    場 所:BAR五山(熊本市手取本町4-1 通町電停前 大劇会館B1 料理屋五山 内 )
    料 金:8,000円(税込)お料理+シェリー酒5~6種
    定 員:10名

    上記のイベントに関するお問い合わせやお申込は、下記にて承ります。

    Salon Buleriaサロン ブレリア  代表 薬師寺
    (JSA認定ワインアドバイザー・CPA認定チーズプロフェッショナル・シェリー原産地呼称委員会認定ヴェネンシアドール)

    予約受付は
    FAX : 096-223-8665 Eメール : wine-cheese@salonbuleria.info

    または、BAR五山(担当:小柳)TEL&FAX 096-325-7511

    にてご予約を承っております。

    タグ : 熊本 ワイン BAR 下通 シェリー ヴェネンシア ウイスキー

    11月ワイン会報告・つまみ編

    11月2日にBar Tresワイン2008『ワインでめぐる国~フランス編~』
    第16回「フランスの新しい動き~ヴァン・ナチュール(自然ハワイン)とは?」を開催いたしました。

    16かいちーず
    ①ハードチーズ:ボーフォール・ダルパージュA.O.C. フランス・サヴォア地方 牛乳製
    19世紀の美食家ブリヤ=サヴァランが「プリンス」と絶賛した、フランスが誇る山のチーズのひとつ。
    本日は特に、ダルパージュ(d’Alpage)と呼ばれる、夏季放牧中に冷涼な気候のストレスのない環境で、
    ハーブ混じりの良質の牧草をたくさん食べた牛の最良のミルクから作られたもので、絶品といわれる。

    ②ウオッシュチーズ:ルブロションA.O.C. フランス・サヴォア地方 牛乳製
     アルプスを代表するチーズのひとつである。
    表面を洗っているのでウオッシュチーズに分類されるが、場合によってセミハードチーズと分類されていることもある。
    本日は伝統的な製法で造られた、農家製(フェルミエ製)をご用意。


    おまけの料理

    ぎょそーせーじ
    海の幸のソーセージ風Saucisse de Fruits de Mer
    ロワールの東にあるフィレンツェで作られる魚のムースをソーセージ風にアレンジ。
    ソース・エグルレットを添えて。

    りえっと
    トゥールのリエットRillettes de Tours
    ロワールの上流に位置するトゥールの料理。リエットは、豚や鶏などを煮てほぐし、脂肪とともに固めたペーストで15世紀以前に生まれた古い伝統的な保存食料理。

    たるとふらんべ
    タルト・フランベ Tarte Flambee(アルザスのピザ)
    イタリアのピザとルーツは同じで、玉ねぎとベーコンのシンプルな材料が庶民の味です。
    (お店で売っている物はチーズやマッシュルーム、ホワイトソースを使った物などが主流です)

    ぽて
    ロレーヌ風ポテPotée Lorraine
    ドイツ国境でアルザスの北に位置するロレーヌ地区。ポテとは、塩漬けの豚肉とキャベツを主体に他の色々な野菜を加え、ポ Potと呼ばれる深鍋でごった煮したスープの一種で、ポ・ト・フーの豚肉版ともいえる一般的な農民料理です。

    今後のスケジュール
    ワイン番外編・11月19日水曜日深夜0時ボジョレー解禁!!!


    〒860-0807  
    熊本市下通1丁目7-4(酒場通り)嶋田ビル3F   

    BAR TRES(バートレス)
    TEL 096-356-8737

    タグ : 熊本 ワイン ボジョレー フランス バー BAR チーズ

    | ホーム |


     BLOG TOP  » NEXT PAGE


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。